毛皮で作られたジャケットは、日々の手入れや季節の切り替えの際の手入れをきちんと行うかどうかで着用出来る期間に大きな差異が生じます。 毛皮は非常に繊細な素材であるため、手入れも気を使って行う必要があり、着用した後は毎回手入れを行った方が良いです。 ジャケットは冬場に活躍する衣服ですが、雪の日の着用には特に注意が必要であり、雪で毛皮部分が濡れてしまった場合には、乾いた布できちんと水気を取り除き、日光が降り注がない風通しの良いところに干しておく必要があります。 ジャケットを使用しない季節になったら、クリーニングに出すことがベストですが、出せない場合には、乾拭きで埃を取り除いた後に、専用のブラシでブラッシングを行って毛並みを整えます。 保管する時には、決して折りたたんだりせずに、通気性のあるカバーをかけてからクローゼットに保管します。クローゼット内部では、他の衣類に押しつぶされない様にすると、毛皮の型崩れを防ぐことが出来ます。

長持ちさせるための毛皮ジャケットの手入れ方法